タベモノ / eat

〜古河の洋食店【コルシカ】〜味と雰囲気を楽しむ舞台は昼夜二部構成

元こがキラphotoクラブメンバーでkoga.ライターの福田です。

 

古河駅西口で長く愛されている洋食屋さんと言えば、「コルシカ」さんを思い浮かべる方が多いのでは。

 

東京會舘でシェフとして修行されたお父様が古河で洋食店を開業し、今年で50年の節目だそうです。

 

今では娘さんの実香さんに代替わりをしてから16年ほど。

お味をしっかりと引き継がれ、お母様と二人三脚のお店は、いつもお客様への心配りに余念がありません。

 

お父様の後を継がれる決意をされた現シェフである娘の実香さんが小さい頃に、お店でお客様が和気あいあいと楽しく時間を過ごされる雰囲気が好きだったことから、今でもその当時のアットホームな空気感を大事にされているそうです。

 

本当に店内は居心地のよい空間でお料理を堪能しながら、ワインなどを片手に、

ついつい時間を忘れてしまいそうになります(笑)。

 

お父様の代からのお味の継承はもちろんのこと、フランス、イタリア、スペイン、ドイツなどのヨーロッパ各国のお料理からアイディアを得た新メニューも続々と登場しているんですよ♪

 

場所は変わっても、お店の雰囲気は当時のままに

 

2021年にコルシカさんはお店を今の場所に移転されました。

 

その時にも、以前のお店の雰囲気をできるだけ残せるように、色々と苦心されたそうです。

 

かつてのお店から持ってきた外灯やシャンデリアなど、長く飾られていた大切なものもあり、なかでもランプシェードはお母様が選ばれた思い入れのこもったお品で、シェルでつくられている逸品です。

 

触れたら壊れそうな繊細なお品を長く大切にされていて、新しいお店で今でも現役として活躍しています。

 

今や、コルシカさんのシンボルと言ってもいいくらい。

 

どれもこれもノスタルジアを感じる素敵なものです。

 

お店に飾られた「ワインソムリエ認定証」

 

素材へのこだわりが絶妙なハーモニーを奏でる昼と夜の顔

 

勉強家の実香さんは味への追求に貪欲で、努力を惜しみません。

 

日々美味しい料理を提供するため、

「ワインソムリエ」

「日本ワインマスター」

「チーズプロフェッショナル(一般消費者の方々へチーズの伝え手となる資格)

の3つの資格を取得されています。

 

結果、お料理の美味しさはもちろんのこと、ワインなどのドリンクとのコラボも最高で、

まるで夢の世界にいるかのような食事時間を過ごせちゃいます。

 

コルシカさんはサラダのドレッシングやパン、デザートも全て手作り。

 

チーズにもこだわっていて、筑波の「ヴィア ザ ヴィオ」さんのものを使用しています。

 

野菜は古河市の「ファーム塚田」さんから毎週仕入れるという徹底ぶりで、届いたお野菜をみて、メニューを決められることもあるとか。

(「ファーム塚田」さんのお野菜は、「道の駅まくらがの里こが」で購入することが可能です。)

 

こだわりの料理にワインを合わせれば 〜料理とワインのマリアージュ〜 本当に素晴らしいです。

 

こちらの写真はある日のメニューから。

〈写真左上:「ホタルイカと菜の花、フレッシュトマトのフレーゴラ」

コルシカさん一押しという「フレーゴラ」という珍しいパスタの

「ホタルイカと菜の花、フレッシュトマトのフレーゴラ」は、春を感じる目から鱗の新感覚パスタです。

新たなメニューへの取り組みはもちろんのこと、お父様の代からのお味とお店の雰囲気の継承も、大きな魅力なんですよ。

 

〈写真右上:ランチで一番人気の「オムライス」

昼のランチでは洋食屋さんとして、気軽にお料理を召し上がって頂く雰囲気を大事にされているそうです。

デミグラスソースはお父様から引き継がれたレシピに、時代に合わせたアレンジを加えつつお料理に活かされているそうです。

 

〈写真左下:「猪の赤ワイン煮込み」〉

ランチメニューにある「猪の赤ワイン煮込み」では珍しく猪のお肉が食べられます。

あまりの柔らかさと美味しさに、ほっぺたが落ちまくり状態となりました。もう歯がいらないんじゃないか~そんな気分に。

 

〈写真右下:「大きなカスタードプリン」〉

ランチで人気のデザート、カスタードのプリンは大きさと美味しさにはビックリ!

食後なのに、ついついお代わりしそうになりました(笑)。

(※メニューのフレーゴラと猪は提供できる日が限られるそうです。)

 

コルシカさんは、お父様の頃のお店は西洋料理店と呼ばれていたとか。

そんな昔から愛され続ける西洋料理を、気負わずに食べて頂けたら嬉しいと、実香さんは話していました。

 

ある日のランチメニュー

 

「お客様に美味しく召し上がってもらいたい。」

 

その強い思いが、メニューの端々に表れています。

 

本格的な西洋料理を、ランチでも頂けてしまう幸福感!

古河に住んでいて本当に良かったです。

 

そして、夜にはお料理にワイングラスを添えて。

ビストロとして、ランチには並ばないメニューを味わいつつ貴重なワインとマリアージュしたり、

軽くグラスワインを傾けたり。

 

美味しい創作料理と共に、思い思いに夜を過ごせる場所となっています。

 

一皿に一品ずつ丁寧に作られた前菜は盛り付けも麗しく

それぞれが最高の持ち味を醸し出しています。

 

昼と夜のこの二面性、ヨーロッパのレストランの雰囲気を感じませんか?

そんなこだわりのお料理が古河で、気軽に、そしてお手頃に味わえるんですから。

 

努力家で才能あるシェフの実香さんと、それを支えているお母様。

美味しい西洋料理に、最高のワイン!

ちょっとだけエレガント気分で、コルシカさんのドアを開けてみませんか。

最高の笑顔とお料理で、お客様を包み込んでくれるはずです。

 

(ライター:福田久美子)

 

レストラン コルシカ

古河市本町2丁目11-23

TEL:0280-32-2525

営業時間:午前11時30分~午後2時15分、午後5時30分~午後11時

定休日:毎週月曜日、第1・第3火曜日

※詳細は毎月インスタグラムにアップ

インスタグラム:@corsicamica

HP:https://www.corsicakoga.com/

  • 記事を書いたkoga.ライター
  • koga.ライターの新着記事
福田久美子

福田久美子

こがキラ photo クラブ2期生

こがキラ photo クラブ2期生。古河進学教室講師。子供さん達の個性とやる気を大事に「古河進学教室」の主任講師をしております。食べること大好き、寄り道散策大好き!立ち止まって迷ってもいいじゃないですか。未来を担う古河っ子達に、古き良き古河、新しき古河をご紹介できたらと思っています。

  1. 〜古河の洋食店【コルシカ】〜味と雰囲気を楽しむ舞台は昼夜二部構成

  2. 古河七軒町通りにある蕎麦の名店、長寿庵さん。商店街で代々続くお店の魅力は【繋がり】にある。

  3. タイムトラベルは身近なところで出来る 〜ALWAYS古河三丁目の朝〜

PAGE TOP